FC2ブログ

いしわり歯科医院ホームページ

|

ブログトップ

|
全記事   »  歯磨き関係
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、テレビで阪神タイガースの選手が沖縄のキャンプ地で地元の小中学生を指導している番組を見ました。
元タイガース捕手であった解説の矢野燿大さん、ご自身が選手の時も同じように子供を教える機会があったそうで「中学生を教えるより、小学生を教えるほうが難しい」と仰っていました。

「小学生は体がまだできていないためか、中学生のように教えたことをすぐに修正・実践できない。小学生の教え方は私もまだ良くわかっていない」というような理由です。

これを聞いて私は共感しました。

歯磨き指導についても同じようなことが言えます。

手首の関節がしっかりしてきた中学生は、細かい磨き方の指導も意外とすぐに習得してくれます。
小学生、特に低中学年の子供に細かい指導をしても、それは小さい字もまだ書けない成長段階 なので習得させるのが無理な話です。

小学生の場合は、歯垢を落とすことは二の次で、良いところを褒めて上げて毎日楽しく継続して磨いて貰うことに重点を置いて指導をするほうが良いと思います。
後は、小学生は磨いているところと磨いていないところが極端な場合(変な癖)が多いです。ですので、歯の外側、歯の内側、咬み合わせ、奥歯から前歯と磨く順番を決めて磨かない場所が無いようにしようね、といった変な癖が付かない指導になります。

小学生は、しっかり磨けていなくても(歯垢を落とせなくても)いいと思います。口全体を偏らず磨いてもらうこと、それを継続してくれる事(出来れば楽しく)が大事だと思うのです。
歯垢を落とすのは、親御さんの仕上げ磨きが大事になります。

まず、磨く習慣をしっかり身に付けてもらって、小学生高学年か中学生の手が上手く動かせるようになった時点で、技術的なことを来院の度にワンポイント、ツーポイントでアドバイスする。

矢野さんも最後に仰っていました
「小学生は技術的なことを細かく言うより、練習の数を沢山こなすことが大事なのかな」
小さい頃に磨く習慣をしっかり身に付けていない場合は、中学生になって技術的なことを指導しても、それはやれば出来るけれどやらない、になっていましますから。
スポンサーサイト
以下のような質問をされることがあります。

「食後、歯を磨くのと、うがいだけするのとではやはり効果は全く違いますか?」

歯垢を落とすという意味では、全く違います。

むし歯菌も歯周病菌も歯垢の中に住み着いて悪さをします。

その歯垢はうがいでは全く落ちません。

ですので、うがいは歯磨きと同等のむし歯、歯周病の予防法にはなり得ません


ただし、
歯周病予防と違ってむし歯予防に関しては、口に残った食塊を落とす効果はある程度あると思います。


食後、食塊(特に糖質、炭水化物)が沢山しかも長く口に残っているほど、むし歯菌がそれを餌にして食塊の中で急激に増え酸を作ります。
すると、食塊と接触している歯面は、食塊からにじみ出る酸で脱灰を起こしてしまうのです。(食塊を介して歯が溶かされる)

ですので、歯にこびり着いたり挟まったりした食塊をよくうがいをして除去することは、ある程度むし歯予防の効果があると考えています。

また、歯にこびり付き易い食品を摂取した後は、歯垢を落とさなくても食塊を落とすだけの歯みがきでも意外と虫歯予防に効果があると思います。



最後に誤解の無いように再度

食塊による歯の脱灰を防止するのであって、虫歯菌の存在する歯垢による歯の脱灰はうがいでは防止できません。




現在売られている歯磨剤の多くはフッ素入りですが、中にはそうでないものもあります。

見分け方としては成分表に次のどれかが記載されていればフッ素入りです

モノフルオロリン酸ナトリウム
フッ化ナトリウム
フッ化第一スズ


フッ素濃度は、歯科医院専売のものは900~1000 ppmフッ素という値です。

これは、薬事法によって歯磨き粉のフッ素の許容濃度が1000ppm以下と定められているからです。

市販のものははっきりわかりませんが、900~1000 ppmかこれより少し低い濃度ではないかと思います。


前回の記事に書いたように、このフッ素入り歯磨剤を有効活用するには、歯磨き後にすすぎ過ぎない事です。


ここでは、とりあえず具体的な使用方法を2つ紹介します。

ひとつめ

ライオンの歯科医院専売のチェックアップCheck-Upという商品が、フッ素濃度950ppmフッ素で、以下の使用法を推奨しています。

歯磨剤の使用量:歯科用歯ブラシと同じ長さ(0.5g,子供は0.3g)

使用後のすすぎ:約25mlの水で3~4秒ブクブクうがい、これを2~3回

使用後1時間は飲食を控える。



ふたつめ

スウェーデンのイエテボリ大の予防歯科の有名な歯磨き法をご紹介します。

歯磨き材はたっぷり(約1.5g、2cmほど)つける。

2分磨く。

使用後のすすぎは10mlの水で1回だけ行なう。

この時、歯全体特に歯の間に水がよく行き渡るようにグチュグチュ1分間行う。

歯磨き後2時間は飲食をしない。

これを1日2回行う。

ライオン推奨の磨き方より、より多くの量を使い、よりすすぎの水の量、回数を減らしています。

これによって、虫歯の発生率を明らかに抑制したとの報告があります。

要するに、

多めに歯磨剤を使い、すすぎはごく少量の水にする。

すすぐときに洗口液のように十分歯に行き渡らせる。

磨いた後は、飲食を1~2時間は控える。

一日2回は行う。



すすぎの水の量を少なくすれば、歯磨剤のフッ素濃度や使う量は細かく気にしなくていいと思います。

「多め」でいいでしょう。


ただ、これが市販の歯磨剤でできるか一度試してみてください。

味が強くて、泡が立ち過ぎて、10mlの水1回のすすぎでは難しいと思います。

ライオンの推奨する磨き方でも、結構きついのではないでしょうか。


最後に、この磨き方に気が行き過ぎて、雑に磨いて終わらせることのほうがが怖いと付け加えて置きます。


長く丁寧に磨く事を苦痛にしないために、小さい頃から磨く練習をすることはとても大事です。

ですが、小学生の中学年くらいまでの手の動きがまだおぼつかない年齢の場合、磨き方を上手にしようにもできないのです。

なので、小学生までは細かい磨き方よりも、フッ素が口に残る量、歯の周囲に残る量で虫歯を予防するほうが賢明と言えるでしょう。

中学生以降は、これにプラス、磨く技術を高めていくことが大切だと私は考えます。

フッ素だけで虫歯をすべて予防できるわけでもないし、大人になれば歯周病の予防もしなければいけませんから。


義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

Page Top
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。