FC2ブログ

いしわり歯科医院ホームページ

|

ブログトップ

|
全記事   »  ニュース
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、ある種のミュータンス菌に感染すると脳出血のリスクが4倍になることを照明した論文が発表されたとのニュースがありました。

以下【共同通信】より

虫歯菌で脳出血リスク4倍 日本人の8%保菌と阪大など


 口の中で虫歯の原因となる「ミュータンス菌」の一種が脳出血のリスクを約4倍に高めることを大阪大や浜松医科大、横浜市立大などのチームが突き止め、27日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に掲載された。脳出血の新たな危険因子とみられ、予防や治療薬の開発につながる成果。

 ミュータンス菌は日本人の60~70%が保菌。チームは、ミュータンス菌のうち「コラーゲン結合タンパク質」を持っている特定の菌に着目。このタイプの菌は日本人の約8%が持ち、脳出血の患者では約30%が保菌していた。発症リスクは約4倍になる計算。菌は口移しなどで母子感染する恐れもある。

ミュータンス菌の一種を投与</strong>し、脳出血の<strong>面積</strong>が広がったマウスの脳(右)と投与していないマウスの脳(和田孝一郎大阪大准教授提供) ">ミュータンス菌の一種を投与し、脳出血の面積が広がったマウスの脳(右)と投与していないマウスの脳(和田孝一郎大阪大准教授提供)



この論文に目を通してみました。

論文中では、血中にこの特殊なミュータンス菌が居ると、脳出血が起こった場合にそれを重症化させることを明らかにしています。

しかし、この菌が直接脳出血を引き起こすわけではないことも明言しています。

更には、口腔内に保有しているからといって発症の危険性が4倍になるとはどこにも書かれていません。


「脳出血リスクが4倍」は本当か?

実験マウスの脳で出血が起こった時に、「コラーゲン結合タンパク質」を作る特殊なタイプのミュータンス菌が血中に感染していると、脳での出血面積が約4~5倍になっているのはわかりました。

しかし、このタイプの菌が単独で脳出血を起こすわけではなく、脳出血が起こった場合この菌が血中に存在すると出血が広範囲に渡り重症化しやすいという事をこの研究論文は述べています。

発症する危険性が4倍になるなどとは論文中に全く記載されていません。

症状の出ない不顕性の脳出血で済んでいたはずが、このタイプの菌が血中に居ると症状が出たり死に至るような脳出血になりやすいから、発症リスクが高くなるとの解釈はできるかもしれませんが。

それとも、「このタイプの菌は日本人の約8%が持ち、脳出血の患者では約30%が保菌」という調査結果から、単純に30÷8=約4倍ということでしょうか。
しかし、そんなことは論文中には書かれていませんし、次に述べるようにそのような論理は一般的には通用しないと思います。通用しないから論文にも記載がないのです。



「このタイプの菌は日本人の約8%が持ち、脳出血の患者では約30%が保菌」の解釈について

正確には以下の通りです。

「このタイプの菌を口腔内に保有している人の割合は、調査した脳出血罹患の無い平均年齢60半ばの高齢者では8.5%。
一方、ほぼ同年齢の脳出血罹患歴ありの人では27.0%という結果であった。」

27.0%のこの菌を現在保有している脳出血罹患者が、脳出血になる前から保有していたか否か、それはこの調査ではわからないのです。
また、脳出血によって口腔清掃が行き届かなくなったなど何らかの環境の変化で、口腔内の細菌が変わる可能性も無いわけではありません。
ですから、単純に30÷8=約4で発症リスク4倍と言及してしまうのは誤りであり、論文中でもそのような文章はありませんでした。
このリスク4倍は、マスコミ向けにインパクトがあるように作られたものでしょう。

もう少し若い年齢を対象にして、この菌を口腔内に保有している人と保有していない人で将来脳出血を起こす確率がどうかを比較調査できれば、この菌の危険度が何倍になるか正確にわかります。
でも、そういう調査は難しいでしょうね。

また、確かに脳出血罹患の無い人より有る人の方が保有している確率は高いですが、27.0%とは4人に3人はこの菌を現在保有していないのに脳出血になっていると見ることもできますね。



ミュータンス菌の一種(「コラーゲン結合タンパク質」を持っている特定の菌)を投与したとは?

マウスでの実験では、この菌を口腔内に感染(定着、保有)させたのではありません。
なんと、血管内に菌液を直接注入したのです。その後に、脳の血管を傷付けてどれだけ出血したかを、菌液を注入せず血管を傷つけただけのマウスと比較しています。

日常で血管に菌を直接注入などはあり得ません。口腔内に定着したこの菌が、何らかの原因で血中に入る場合を更に考えなければいけないでしょう。

1.歯周病、歯肉炎の出血している歯茎の血管から血中に入るケースが一番考えられると思います。
2.口の中をケガしたとか、口内炎や風邪による喉の炎症で粘膜が荒れたところから血中に菌が入る可能性もあります。
3.抜歯等の口腔外科処置の場合は、一時的に口腔内の菌が血中に入ります。

血圧が高かったり、動脈硬化の進んでいる人は血管が傷つき易くなっているので、そういう人が1-3のような場合危険を伴うでしょう。


論文で明らかなのは、
「コラーゲン結合タンパク質」を持っている特殊なミュータンス菌は、単独で脳出血を誘発するのではない。
脳出血が起こった時、それを憎悪、重症化させる危険な因子である。


血中に存在すると脳出血において危険な菌ではあるのは事実です。
が、口腔内に保有していてどの程度危険かまでは、この研究論文では言及できないのです。


この特殊な虫歯菌が脳出血にとても大きく関与しているように受け止めがちになるニュースです。
しかし、この菌が口に居るかどうかよりも、血管自体が傷ついて出血し易くならないように全身管理をする事が先決だと私は思います。

スポンサーサイト
タイトルのような実験が成功されました。

内容を簡潔に書くと

①胎児のマウスの歯茎から歯の元になる細胞を採取して、培養によって「歯胚」という歯の原形の構造物を作った

②それを、別のマウスの腎臓皮膜下に移植して成熟させた

③ある程度成熟したら、更に別のマウスの歯を欠損させた部分に移し、歯として機能できるまで育てた

これを今までの研究より短期間で育てあげた



この実験では、1匹のマウスの歯を再生するのに2匹のマウスを犠牲にしています。

普通は移植すると拒絶反応が起こりますが、この実験では遺伝的特徴がほぼ同じ(同系統の)マウスに移植しているのでそれは問題となっていません。

しかし、実際に人間で実用化するには、成人になれば①のような歯の元になる細胞は自分自身には存在しないので、どこから元になる細胞を採ってくるのかが問題になります。

他人の、それも元になっている細胞を持っている人間となると子供から貰うことになりますが、これは道義的に問題があります。また、他人から貰うとなると拒絶反応に対処しなければいけません。


それよりも、京都大学の山中教授が開発した「iPS細胞といういろいろな臓器、器官の細胞に変われる細胞」が臨床応用できるようになれば、自分の体にある皮膚の細胞なんかに手を加えてiPS細胞にしてしまい、それを歯の元の細胞に成長させることも可能となりそうです。
これなら、道義的な問題、拒絶反応の問題もクリアできます。

ただ、iPS細胞を歯の元の細胞として使えるようにするには、まだまだ年月が掛かると思います。


もう一つの課題は、②のような成熟させる場所は自分の腎臓皮膜下は現実には無理なので、替わりの成熟させる環境を今後新たに考えて開発しなければいけないのです。
研究発表者は、誰にも負担をかけない体外で成熟させられる装置の開発を考えているようです。

これも、まだまだ時間が掛かりそうです。


でも、大変画期的な研究結果だと思います。歯の再生に少しずつではありますが近づいていると感じました。


以下、産経新聞 7月13日配信より転載

 歯のもとになる細胞から歯と歯周組織をセットでつくり、移植して再生させることに東京理科大の辻孝教授らの研究チームがマウスで成功した。入れ歯やインプラント(人工歯根)の代替医療につながる可能性がある成果という。13日付の米科学誌「プロスワン」に発表した。

 研究チームは胎児マウスの歯茎から上皮細胞と間葉(かんよう)細胞を取り出して培養し、“歯の種”となる再生歯胚を作製。大人のマウスの腎臓皮膜下に移植し、約60日かけてエナメル質の歯や歯槽骨などからなる「再生歯ユニット」に成長させた。

 このユニットを、歯を欠損させた別のマウスに移植すると、すぐに機能し、かみ合わせができた。歯槽骨は40日であご側と結合。歯には神経と血管が通い、刺激が脳に伝わることも確認した。実験には遺伝的特徴がほぼ同じで、拒絶反応が起きないマウスを使った。

 チームは平成19年、再生歯胚をマウスの歯茎に直接移植する手法で歯の再生に成功したが、かみ合わせができるまで歯が成長するのに約50日かかっていた。

 辻教授は「ヒトの歯が完全に成長するのに4、5年要し、従来法では時間がかかりすぎる。今回の方法は即戦力なので、メリットは大きい」と話す。

 ただ、臨床応用への課題は多い。
歯のもとになる細胞は、若年層なら親知らずから見つかる可能性もあるが、成長期が過ぎた大人には存在しない。また、自分の腎臓に移植して成長させる方法も現実的ではない。
実用化には人工多能性幹細胞(iPS細胞)で歯胚を作り、皮下や体外で成長させる技術などが必要だ。

 辻教授は「体外で作製できる装置が実現すれば、自分の細胞から作った歯や臓器を自身に移植する置換再生医療が現実味を帯びてくる」と話している。


昨年の秋、次のニュースがテレビや新聞で報道されました

歯磨きの回数が1回やそれ未満の人は、

2回磨く人より心血管疾患(心筋梗塞や脳卒中)に成りやすい。

それを示した調査論文が発表された


この論文の詳細をかみ砕いて書きます。

論文は、British Medical Journalという医学雑誌に5月に掲載された

スコットランド在住の35歳以上の男女に、1日何回歯磨きをするか尋ねた

そして平均8年間で、その人たちの全身の炎症状態がどう変化したか調べた

また、心血管疾患の発症やそれによる死のリスクがどれだけ高くなったかを調査した


すると、

全身に炎症があるかどうかを現す物質の血中濃度は、歯磨きの回数が少ないほど高くなる傾向があったとのこと。

また、1日に2回歯を磨く人たちより、1回だけ磨く人たちの心血管疾患の罹患リスクは1.3倍高かった。

さらに、1回未満の人たちではリスクは1.7倍と高かった。

そして結論は、

口腔衛生を怠ると低レベルの全身炎症や心血管疾患を発症するリスクが上昇する。



それなら、2回磨けばいい!

私は2回磨いてるから大丈夫!



それだけで済ませられるのでしょうか。。。




1.歯みがきの回数だけでなく、質はどうなんだろう?


1~2分の大雑把な歯磨きを2回
      VS.
丁寧で時間をかけた磨き方1回


果たして前者のほうがリスクは低くなるのでしょうか?




2.この調査はあくまでスコットランドに住んでいる人が対象
そのまま日本人に当てはめて良いのか


スコットランドの人の生活習慣は、日本人とどんな違いがあるのだろうか?

もしかしたらスコットランドの人の磨き方は、日本人より一般的に丁寧、質が良いのかもしれない。

だとすると、日本人が今の磨き方で回数だけ増やして、果たして心血管疾患のリスクを下げられるのか?
(その逆もあるかもしれませんが)


スコットランド人の食習慣では歯磨き1回以下と2回で違いがあったが、

今の日本人の食事内容で同じように違い出るのだろうか?




3.前向きに考えたとき

2回磨いて、

更に丁寧に磨けば、

もっと心血管疾患のリスクを減少させられるかもしれない!



そんなことを考えて、このニュースを聞いていました。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

Page Top
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。